出れば7戦全勝、不出場は5戦全敗…名古屋の救世主MF相馬勇紀が人生3度目ヘッド弾に喜び爆発

出れば7戦全勝、不出場は5戦全敗…名古屋の救世主MF相馬勇紀が人生3度目ヘッド弾に喜び爆発
ヘディングでJリーグ初ゴールを決め、喜びを爆発させる名古屋グランパスMF相馬勇紀

[11.6 J1第28節延期分 C大阪0-1名古屋 金鳥スタ]

 8月のJリーグデビュー以降、出場した7試合は全勝が続き、不出場の5試合は全敗。名古屋グランパスの特別指定選手MF相馬勇紀(早稲田大)が驚異的な不敗神話を紡いでいる。6日のJ1第28節延期試合では決勝点となるJリーグ初ゴールを記録し、来季から正式に所属するクラブを降格圏から再び救い出した。

「自分はまだ大学生で挑戦する立場なので、試合に出たら結果を出してやろうと思っていた」。台風の影響で延期されていた第28節、歓喜の初ゴールでチームを勝利に導き、フラッシュインタビューでそう喜びを表現した相馬。わずか2日前には関東大学リーグの筑波大戦(△0-0)でフル出場し、“中1日”で合流してきた名古屋の救世主だ。

 来季の正式加入を待たず、今季途中に特別指定選手として登録。8月11日のJ1第21節鹿島戦(○4-2)でリーグ戦デビューを果たすと、前節終了時まで合計6試合に出場。終盤起用が続いていたため、合計出場時間は180分間にとどまっているが、ベンチに入った試合では全試合に出場し、なおかつ全試合で勝利を手にしている。

 7試合目のC大阪戦で初スタメンを飾ると、後半8分にはこぼれ球に頭で合わせてチームの決勝点を奪取し、喜びを爆発。今年9月には『ゲキサカ』の取材に「(ヘディングでのゴールは)人生で2回しかない」と話していたが、3点目は「普段の自分の形ではないけど、得点を取ろうとPA内にポジションを取っていた結果」と日頃からの意識が結実した形だったようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 名古屋グランパス 風間八宏
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年11月6日のサッカー記事
「出れば7戦全勝、不出場は5戦全敗…名古屋の救世主MF相馬勇紀が人生3度目ヘッド弾に喜び爆発」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    相馬は良い選手だ。久々の完封で良かったが名古屋はDF陣の更なる強化をしないと来季も苦しい。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。