絶好調・南野拓実に“姉妹クラブ”が興味…ドルトムントも動向注視か

絶好調・南野拓実に“姉妹クラブ”が興味…ドルトムントも動向注視か
ライプツィヒとドルトムントが南野拓実に興味

 ライプツィヒザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実(23)に注目しているようだ。伊『カルチョメルカート』が伝えている。

 セレッソ大阪の下部組織育ちの南野は、2013年にトップチームへ昇格。同年にJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞した。2015年1月にはザルツブルクに完全移籍。今季は公式戦21試合で10ゴール1アシストで首位を走るチームを牽引している。

 『カルチョメルカート』によると、ザルツブルクと同じくレッドブル社をスポンサーに持つ、姉妹クラブのライプツィヒが南野に興味を示している模様。また、MF香川真司が所属するドルトムントも興味を示しているようだ。

 3試合連続ゴールを決め、日本代表の新エース候補として注目が集まる南野。今後、どのようにステップアップを果たすのだろうか。
●海外組ガイド

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 南野拓実 日本代表
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年11月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「南野拓実 + 日本代表」のおすすめ記事

「南野拓実 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュース

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。