[関西]大体大は最終節黒星でリーグ戦終える…インカレ出場ラスト1枠は桃山大に:後期第11節

[関西]大体大は最終節黒星でリーグ戦終える…インカレ出場ラスト1枠は桃山大に:後期第11節
大体大は最終節で白星を飾れず

第96回関西学生サッカーリーグ1部

 第96回関西サッカーリーグ1部の最終節となる後期第11節が行われた。既に優勝を決めている首位・大阪体育大と2位・関西学院大の上位対決は、関学大が2-0で勝利している。

 全日本大学選手権(インカレ)出場を決めている大体大と関学大の対決は、関学大に軍配が上がった。関学大は後半23分にDF南島彰人(4年=神戸U-18)が先制点を挙げると、同28分にはMF安羅修雅(1年=履正社高)が追加点。そのまま試合は終了し、前期で敗れた関学大がリベンジを達成した。

 3位の関西大は5位のびわこ成蹊スポーツ大と対戦した。びわこ大はインカレ出場圏内の4位に浮上するために勝利が必須条件となっていたが、関大は後半30分にFW加賀山泰毅(4年=JFAアカデミー福島)が得点。1-0で勝利した関大が最終節を白星で収め、びわこ大は昨季に続く全国大会への出場を逃した。

 4位の桃山学院大は8位の京都産業大に3-1で勝利。得点ランク3位のFW毎熊晟矢(3年=東福岡高)の2得点を決め、後半36分にはMF若山修平(2年=静岡学園高)がダメ押しの3点目を挙げた。この勝利で桃山大は4位を確定。3年ぶりのインカレ出場で頂点を目指す。

 インカレ出場を逃した6位・阪南大は9位・大阪学院大に快勝。横浜FC加入内定が発表されているFW草野侑己(4年=JFAアカデミー福島)を始め、大量4得点を奪い、4-0で今季公式戦を終えた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年11月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。