「絶対に来るのは分かっている」瀬戸内の主将MF佐々木達也、流経大柏相手にも“真っ向勝負”誓う

「絶対に来るのは分かっている」瀬戸内の主将MF佐々木達也、流経大柏相手にも“真っ向勝負”誓う
瀬戸内高のキャプテンMF佐々木達也(3年)(写真協力・高校サッカー年鑑)

[PUMA ピックアッププレーヤー]
[1.5 選手権準々決勝 瀬戸内高1-0日本航空高 フクアリ]

 グローバルスポーツブランドのプーマは、第97回全国高校サッカー選手権大会をサポートしている。サッカースパイク『FUTURE(フューチャー)』と『PUMA ONE(プーマワン)』、プーマユニフォームを着用する選手の中から注目選手を「PUMAピックアッププレーヤー」として紹介する。


 継続してきたスタイルが今、花開いている。初出場の瀬戸内高(広島)は準々決勝で日本航空高(山梨)を1-0で下し、広島県勢として10年ぶりのベスト4進出。「本当に『やってやったぞ』という気持ちが強いです」と喜びを表した主将MF佐々木達也(3年)は、準決勝の流通経済大柏高(千葉)戦でも自分たちのポゼッションサッカーを貫くと誓っている。

 瀬戸内はこれまでロングパス主体の戦い方を続けていた。しかし、今年度の夏からスタイルを一新。「(僕たちは)小柄な選手が多いので、チームの中で話し合ってつないだ方が絶対にいいと」。キャプテンの佐々木をはじめ、副キャプテン、監督を中心に話し合い、ポゼッション重視のサッカーを取り入れることに決まった。

 夏のインターハイこそ初戦敗退に終わったが、粘り強くスタイルを継続した結果、選手権の県予選決勝では大会5連覇中の広島皆実高を破って初優勝を達成。初めて臨む今大会は2回戦から登場し、都市大塩尻高(長野)を1-0で倒して県勢5年ぶりの白星を挙げると、3回戦では岡山学芸館高(岡山)を2-1で撃破した。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月5日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。