[横山杯]復権へ向けて力磨く市立船橋が3発勝利。「個人」「頑張るレベル」を引き上げる大会に

[横山杯]復権へ向けて力磨く市立船橋が3発勝利。「個人」「頑張るレベル」を引き上げる大会に
市立船橋高はMF森英希(右)のゴールなど3-1で快勝した

[12.28 横山杯決勝リーグ第1節 市立船橋高 3-1 鹿島学園高 HASAKI SOCCER VILLAGE A面]

 冬の「サッカータウン波崎」で全国の強豪校が成長を目指す横山杯 第19回全国ユース招待サッカー大会の1st Division Topは28日、決勝リーグに突入した。決勝第1グループの市立船橋高(千葉)対鹿島学園高(茨城)戦は、市立船橋が3-1で勝利している。

 市立船橋の指揮を執った波多秀吾コーチは選手たちに「(この大会で)頑張るレベルを引き上げよう」「個人のところを引き上げよう」というメッセージを伝えているという。セカンドボールの攻防で相手よりも頑張れるか、競り合った後に相手よりも早く一歩を動かして拾えるか……。経験値の少ない新チームの1、2年生に対して、攻撃の組み立てや崩しよりも先に求めている部分。ピッチ外含めてまだまだではあるものの、波多コーチは「少しずつ良くなっている」と頷いていた。

 試合は序盤、中央からの攻撃を警戒する鹿島学園に対し、市立船橋がサイド攻撃で先手を取った。左SB植松建斗(2年)の折り返しをFW伊藤涼也(2年)が決めて先制すると、2点目も同じく左サイドを破った植松のラストパスからMF松本海槻(1年)がゴール。さらに、プレミアリーグ欧州遠征メンバーに選出された新エース候補のMF鈴木唯人(2年)らが追加点を狙って攻め続ける。

 鹿島学園は選手権予選でも活躍したGK中島遼太郎(2年)が好セーブを見せ、大会関係者からも高い評価を得ていたMF小西慶太郎(1年)とMF仲佐友希(2年)のダブルボランチを中心に攻め返す。また、FW中村大胡(1年)が思い切った中央突破にチャレンジしていたが、市立船橋は後半14分にも素早いパス交換からMF

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年12月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。