[横山杯]2019年を飛躍の年へ…選手・チームの可能性探る法政二、横山杯は「色々な発見、収穫が多い大会に」

[横山杯]2019年を飛躍の年へ…選手・チームの可能性探る法政二、横山杯は「色々な発見、収穫が多い大会に」
横山杯に参戦中の法政二高(神奈川)

 冬の「サッカータウン波崎」で全国の強豪校が成長を目指す「横山杯 第19回全国ユース招待サッカー大会」に参加する法政二高(神奈川)。今大会は選手だけでなく、チームの可能性を広げる場として位置付けている。

 1st Division Topに参戦する法政二は、鹿島学園高(茨城)や武南高(埼玉)、千葉明徳高(千葉)らを抑え、4勝1分で予選リーグを首位突破。28日に行われた第2グループの決勝リーグ第1節・駒澤大高(東京)戦では、色々な選手を試し、ポジションも変えながら戦ったが、パスの精度や球際、運動量の部分で負けてしまう部分が目立ち、後半開始早々にクリアボールが相手に当たってゴールに吸い込まれる不運もあって0-3で敗れた。

 それでも「試合ごとに違う課題が出てきているが、それをどんどんクリアして、いいチームになってきていると思う」とDF原田凪里(2年)が語るように、第2節の松本国際高(長野)戦では、結果的としてセットプレーから失点して3-3で引き分けたものの、正確にパスをつなぐ意識、高い位置から球際で激しくいくなど、選手たちは駒澤大高戦での反省を生かしてプレーしていた。

 法政二の水島光監督は「基本的に来年のチームの個性を見る大会という感じ。勝ちたいですが、可能な限り選手を全員使いながら、ポジションもいじったりして試している。結果には満足していないですけど、いろんな発見があって楽しいし、収穫が多い大会になっている」と、選手たちの成長に目を細めた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年12月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。