“三角形、ひし形”パスワークで東邦を圧倒! 大分が「格上」との九州対決へ

“三角形、ひし形”パスワークで東邦を圧倒! 大分が「格上」との九州対決へ
先制点を沈めた大分高FW谷川海翔(3年)(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[12.31 選手権1回戦 東邦高1-3大分高 等々力]

 第97回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦を各地で行い、等々力陸上競技場の第1試合では大分高(大分)が東邦高(愛知)を3ー1で破った。2年ぶり10回目の出場で初戦突破を果たした大分は、来年1月2日に行われる2回戦で優勝候補の大津高(熊本)と対戦する。

 試合前のコイントスに勝利し、ゲームプランどおりに風下を選択した東邦は、地区予選でもエース封じを担っていたMF藤原颯(3年)が大分の10番MF山口卓己(3年)をマンマークで抑えにかかる。攻撃では1トップのFW河邊雄大(3年)にアバウトなボールを送るなど、低リスクの戦法を取った。

 ところが、大分がスーパーゴールで試合を動かした。前半7分、右サイドをえぐったMF菊地孔明(2年)のクロスをFW谷川海翔(3年)がゴール前でトラップすると、ややコントロールを失ったものの、素早い反転から左足を振り抜く。これが右ポストに当たり、ゴールマウスに吸い込まれていった。

 東邦は前半19分、左サイドを駆け上がったMF杉山祐輝(3年)のクロスは味方に通らず、すると大分がリードを広げる。同20分、DF佐藤芳紀(2年)のロングフィードから山口が突破。東邦守備陣が対応を誤り、ボールが最終ライン裏へと転がると、落ち着いた右足シュートでゴールに流し込んだ。

 東邦は前半27分、杉山のクロスに藤原が頭で合わせたが、惜しくも枠外。それでも同33分、敵陣左からのFKをDF

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年12月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。