初出場大阪学院大高の善戦及ばず…強固な最終ライン築いた明秀日立が初戦突破

初出場大阪学院大高の善戦及ばず…強固な最終ライン築いた明秀日立が初戦突破
昨季8強の明秀日立が2回戦へ(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[12.31 全国高校選手権1回戦 明秀日立1-0大阪学院大高 柏の葉]

 第97回全国高校サッカー選手権、県立柏の葉公園総合競技場では明秀日立高(茨城)と大阪学院大高(大阪)が対戦した。

 明秀日立が鹿島アントラーズ、大阪学院大高がガンバ大阪、とそれぞれ地域のJクラブのチャントをオマージュ。さらに、エール交換をするなどなごやかな試合前だったが、両チームとも気迫のこもった試合をみせる。

 前半、風上に立った初出場の大阪学院大高は、ロングボールを相手DFラインの裏に狙いつつ、アタッキングサードでボールを持てばパスワークでサイドから敵陣深い位置まで進入。MF田中英哲(3年)のドリブルも冴え渡り明秀日立ゴールに何度も迫ったが、明秀日立は体を張りシュートまで持ち込ませないディフェンスを展開する。中でも主将のDF高嶋修也(3年)は空中戦で無類の強さを発揮し、浮き球を跳ね返し続けた。

 互いにシュートチャンスが少ない中、確実にものにしたのは明秀日立。FW津村夢人(3年)の鋭いシュートはクロスバー弾かれたが、こぼれ球を FW二瓶優大(3年)が押し込んで2年連続3回目の出場となる明秀日立が先制に成功した。

 明秀日立の萬場努監督は「マジメな選手が多いので、先に1点取れれば勝てると思っていた。試合内容はある程度想定の範囲内でゲームが進んだ」とプラン通りだったことを明かした。

 大阪学院大高は技術の高さを見せ、らしさは発揮できたがシュート6本におさえられて終戦。ドリブラーの田中に仕事をさせないように、DF

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年12月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。