[MOM2766]立正大淞南FW鶴野怜樹(3年)_兄の思い背負い、指揮官の教え守った2ゴール&“2起点”

[MOM2766]立正大淞南FW鶴野怜樹(3年)_兄の思い背負い、指揮官の教え守った2ゴール&“2起点”
2ゴールを含め、全4得点に絡んだ立正大淞南高FW鶴野怜樹(3年)(写真協力『高校サッカー年鑑』)

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.31 選手権1回戦 岐阜工高0-4立正大淞南高 等々力]

 自慢のアタッカーコンビが揃って全4ゴールに絡んだ立正大淞南高(島根)。いずれもマン・オブ・ザ・マッチにふさわしい活躍を見せたが、より幅のあるプレーを見せたFW鶴野怜樹(3年)を選びたい。「初戦が大事なので強気でプレーした」という勢いを保ち、一気に試合を決める仕事をこなしていた。

 選手権1回戦の岐阜工高(岐阜)戦、普段は鶴野とFW藤井奨也(3年)が2トップに並ぶ立正大淞南だが、この日は藤井が左ウイングに開く陣形を採用した。4バックでがっちりと守り、右サイドアタッカーが強力な相手に対し、藤井の斜めに走っていく動きを攻守に役立てる狙いがあったという。

 だが、その作戦を奏功させたのは鶴野の存在だった。前半9分、MF石橋克之(2年)が攻め上がると、藤井はプランどおり中央に向かってスプリント。この動きを見た鶴野は、交差する動きでニアに走り込んだ。相手DFもかろうじて追いつき、シュートには結びつかなかったが、こぼれ球から藤井の先制点が生まれた。

「ミーティングの時からターンして持って行けと言われていたので、ニアでターンしようとしたらうまくつぶれることができた。そこから得点が入って良かった」。南健司監督からの指示を遂行し、チームの先制点に貢献。さらに前半23分には自身にの初ゴールも生まれた。

 ゴール前の混戦から向かってきたボールをヘディングで味方に落とし、藤井のシュートが空振りに終わったのを見逃さずに左足でダイレクトシュート。「普段からルーズボールを逃さないように言われていたし、シュートの打ち方も教えてもらっていたので」と技術を伝授した指揮官に敬意を示した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年12月31日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。