青森山田、大津に完勝で2大会ぶり8強入り!! 指揮官が評価するの9人で9得点の攻撃陣よりも…

青森山田、大津に完勝で2大会ぶり8強入り!! 指揮官が評価するの9人で9得点の攻撃陣よりも…
準々決勝に駒を進めた青森山田高(青森)(写真協力・高校サッカー年鑑)

[1.3 選手権3回戦 青森山田高3-0大津高 等々力]

 第97回全国高校サッカー選手権3回戦が3日、各地で行われ、等々力陸上競技場では22年連続24回目の出場となる青森山田高(青森)と3年ぶり17回目の出場となる大津高(熊本)が対戦。前半だけで2点のリードを奪った青森山田が後半も1点を加点して3-0の勝利を収めた。全国制覇した95回大会以来、2大会ぶりのベスト8進出を決めた青森山田は、5日の準々決勝で矢板中央高(栃木)と対戦する。

 序盤から攻勢を掛けたのは、前日の2回戦・草津東戦で6-0の快勝を収めて勢いに乗る青森山田だった。前半4分、左サイドのMF檀崎竜孔(3年)が送ったグラウンダーのクロスからMFバスケス・バイロン(3年)が決定機を迎えるも、左足から放ったシュートはゴール右に外れてしまう。その後も幾度となくゴールを脅かすが、同8分にバイロンが右サイドから切れ込んで放った強烈な左足シュートがポストを叩き、同10分にはDF三國ケネディエブス(3年)が落としたボールに反応したMF武田英寿(2年)のシュートはGK松村龍之介(3年)の守備範囲に飛んでしまった。

「立て続けに2、3本決定機がありながら、外したのがどうなるか。雲行きが怪しいなという感じて見ていた」と黒田剛監督は振り返ったが、同19分に嫌な流れを断ち切るゴールが生まれる。武田が蹴り出したFKに反応したFW佐々木銀士(3年)が巧みにヘディングで合わせてネットを揺らし、青森山田が先制に成功した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月3日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。