選手権での5得点は「自信に」…大津MF大竹悠聖「人生で一番充実した3年間だった」

選手権での5得点は「自信に」…大津MF大竹悠聖「人生で一番充実した3年間だった」
大津高(熊本)MF大竹悠聖(3年)(写真協力・高校サッカー年鑑)

[1.3 選手権3回戦 青森山田高3-0大津高 等々力]

 試合終了のホイッスルが吹かれる。大津高(熊本)MF大竹悠聖(3年)の高校サッカーが終わりを迎えた瞬間だった――。

 初戦の桐光学園(神奈川)戦でハットトリックを記録すると、続く2回戦の大分(大分)戦では2得点を奪取。ゴールを量産してチームを3回戦へと導いてきた。しかし、青森山田戦では前半19分にセットプレーから先制点を献上すると、流れを一気に持っていかれてしまう。右サイドでボールを呼び込んで鋭い突破から好機を生み出そうとするが、後半15分にPA内から放った強烈なシュートがGK飯田雅浩(3年)に弾き出されるなど、自身にも、チームにも得点が生まれることなく、0-3の完封負けを喫して大会から姿を消すことになった。

「まだまだ届かない。青森山田は試合の流れを自分たちでうまく作ったり、ゲームの中での修正力があった」と対戦相手との力の差を感じた。そして、「ゴールを決めてチームを勝たせることを考えて今までやってきたので、今日のプレーは全然納得がいかなかった」とチームに勝利をもたらすゴールを奪えなかったに悔しさを滲ませた。

 しかし、「1、2年生で出られなくて、今年こそはという気持ちが強かった」と、高校生活3年目でようやくたどり着いた選手権の舞台は特別だった。「これだけの大きな舞台で奪えた得点は、今までとは違う気持ち良さがあった。そういう舞台で5点を取れたことは自信にもなる」。この試合で高校サッカーに区切りをつける男は、「きついこともあったけど、仲間と一緒に乗り越えてきた。今までの人生で一番充実した3年間だった」と感慨深げに振り返った。

(取材・文 折戸岳彦)
●【特設】高校選手権2018

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月3日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。