「7年前」同様の力と「7年前」には無かった力。両方を備えた尚志が激戦ブロック勝ち抜き、準々決勝進出

「7年前」同様の力と「7年前」には無かった力。両方を備えた尚志が激戦ブロック勝ち抜き、準々決勝進出
尚志高が7年ぶりのベスト8進出を決めた

[1.3 選手権3回戦 前橋育英高 1-2 尚志高 浦和駒場]

「震災の時と同じ。県民の皆さんがパワーをくれた」。7年ぶりの8強入りを決めた尚志高の仲村浩二監督は、7年前と同じ力を感じていた。東日本大震災が発生した11年の冬に行われた大会で尚志は快進撃。福島県勢初の4強進出を果たし、震災からの復興を目指す福島県民の“希望の星”となった。

 今大会は神村学園高、東福岡高、そして前回優勝の前橋育英高と初戦から3試合連続で実績のある高校との強豪対決。「全部決勝戦のつもり」(仲村監督)で戦ってきた尚志は、地元の後押しもパワーに激戦ブロックを勝ち抜いた。

 この日は今大会3試合目。1試合消化試合の少ない前橋育英に押し込まれる時間帯もあった。だが、尚志は0-0で相手に食い下がると、前半終盤から積極的な交代策。これが当たった。後半開始から「彼は野性的。能力は半端ないです。(投入する際に)『オマエが何かしてくれないと勝てない』と言いました」とDF高橋海大(3年)をFWとして投入すると、その高橋が獲得したFKを左SB沼田皇海(3年)が直接決めて先制する。

 その3分後にはMF加瀬直輝(3年)のドリブル突破から、U-17日本代表FW染野唯月(2年)のゴールによって2-0。前橋育英の猛反撃を全員で凌いで競り勝った。

 尚志は本来の主力CBが怪我で離脱中。苦しい台所事情だが、選手層の厚さも強みに8強入りした。仲村監督は各選手のチームに貢献しようとする姿勢含めて「一戦一戦成長が手に取るように見える」と頷く。同じく全国制覇を目指したインターハイでは2回戦でPK戦の末に無念の敗退。だが、12月のプレミアリーグプレーオフ突破から続く勢いが今のチームにはある。加えて、勢いも大きかった7年前と異なる部分は、強敵との連戦を勝ち抜く自力も身につけているところだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月3日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。