青森山田、“伏兵”2発で矢板中央撃破!! 逆転勝利で2大会ぶり4強へ

青森山田、“伏兵”2発で矢板中央撃破!! 逆転勝利で2大会ぶり4強へ
青森山田高(青森)が2大会ぶりのベスト4進出を決めた

[1.5 選手権準々決勝 青森山田高2-1矢板中央高 等々力]

 第97回全国高校サッカー選手権準々決勝が5日行われ、等々力陸上競技場では22年連続24回目の出場となる青森山田高(青森)と2年連続9回目の出場となる矢板中央高(栃木)が対戦。前半を1-1で折り返した試合は、後半26分に青森山田が決勝点を奪って2-1の逆転勝利を収めた。

 試合開始早々の前半2分にゴールを脅かしたのは青森山田だった。右サイドで得たスローインをMF澤田貴史(3年)がロングスローで放り込むと、ニアサイドに走り込んだDF三國ケネディエブス(3年)がヘディングで合わせたものの、ボールはポストを叩いて先制点を奪うには至らず。同7分には左サイドのDF豊島基矢(3年)が送ったクロスをFW佐々木銀士(3年)がヘディングで合わせるが、シュートは枠を捉え切れなかった。

 すると前半14分に矢板中央が先制に成功する。DF後藤裕二(3年)が放り込んだロングスローは三國にはね返されたものの、こぼれ球を拾った後藤のクロスをファーサイドでフリーになった今大会初先発のMF眞島聖弥(3年)がヘディングで合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。このゴールは青森山田にとって今大会初失点となった。さらに同23分には矢板中央がカウンターからゴールに迫るが、単独突破してPA内まで持ち込んだMF伊藤恵亮(3年)のシュートは距離を詰めたGK飯田雅浩(3年)にストップされた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月5日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。