[MOM2796]尚志MF大川健(3年)_凛として主将「責任が自分を成長させてくれた」

[MOM2796]尚志MF大川健(3年)_凛として主将「責任が自分を成長させてくれた」
相手の攻撃を跳ね返し続けた尚志の主将MF大川健

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.5 全国高校選手権準々決勝 尚志1-0帝京長岡 等々力]

 7年ぶりの選手権準決勝進出、会場が埼玉スタジアムになってからは初となるベスト4入りが懸かった尚志高(福島)。しかし、チームは苦しい台所事情を抱えていた。

 前大会王者・前橋育英との3回戦の終了間際に、センターバックのDF黒澤誓哉(3年)がこの大会2度目の警告を受ける。大会前にCB馬目裕也(3年)も負傷している中、帝京長岡高(新潟)との準々決勝を前に、仲村浩二監督は苦しい戦いを強いられていた。

 そして、帝京長岡戦でDFフォファナ・マリック(3年)とCBを組んだのは、本来はボランチの主将MF大川健(3年)だった。「タケはどこでもできるプレイヤー」とマリックが評するも、本人はやはり「むずかしい部分ももちろんあった」とCBでの80分間を回想する。それでも3試合で10得点と攻撃力のある帝京長岡をシャットアウト。「マリック、GK、サイドバックとよく声をかけながらできた」と無失点に胸をなでおろした。「ボランチやりたいのはもちろんあるんですけど、CBを任されたので、チームのために」。いち選手としての想いよりも、キャプテン然とした態度を貫いた。

 1-0で勝利し、2011年度以来となる選手権4強。尚志は12月中旬に行われたプレミアリーグプレーオフで、立正大淞南、横浜FMユースを破り、2011シーズン以来となるプレミアリーグ昇格を果たしており、充実の1か月を送っている。「勝ちぐせというか、そういのがついてきた実感もありますし、苦しい時間もマイナスの声ではなくプラスの声が増えてきた」。大川はチームの成長に手応えを感じている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月5日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。