青森山田MFバスケス・バイロンの衝撃…超絶切り返しからアシスト「埼スタで力を発揮できた」

青森山田MFバスケス・バイロンの衝撃…超絶切り返しからアシスト「埼スタで力を発揮できた」
右サイドを切り裂いたMFバスケス・バイロン(3年)(写真協力=高校サッカー年鑑)

[1.14 選手権決勝 青森山田高 3-1 流通経済大柏高 埼玉]

 埼玉スタジアムを埋めた54,194人の観衆を沸かせた。鋭いドリブルで右サイドを切り裂き続けた青森山田高MFバスケス・バイロン(3年)。「相手の動きを見て、飛び込んできたら中に入って、構えていたら縦にいきました」。ボールに食いつく相手DFの動きをしっかりと見て仕掛け、守備陣を翻弄した。

 最大の見せ場は後半18分だった。右サイドでボールを持ったバイロンは縦に突破すると、2度目の切り返しで2人を置き去りにし、相手MFの股を抜いてラストパス。逆転ゴールをお膳立てした。「今まで注目されなくて悔しかった。埼スタで自分の力を発揮できた」。自身よりもJ内定MF檀崎竜孔(3年)、DF三國ケネディエブス(3年)らが注目を集めてきたが、大舞台でその名を知らしめた。

 くすぶっていた思いをぶつけた。前回大会の決勝戦で劇的な決勝点を挙げたFW榎本樹(前橋育英、松本内定)は中学時代、埼玉の東松山ペレーニアFCジュニアユースのチームメイトだった。当時10番を背負ったのはバイロン。先を行く活躍を見せられ、「感動もしたけど悔しかった。負けていられなかった」と刺激を受けた。

 抜群のパフォーマンスだったが、本人は「きょうは70~80点です。点を決めたら90点」と満足しない。チリで生まれ、9歳で来日してからは埼玉県で育った。地元のピッチには両親や恩師も応援に駆けつけ、青森の3年間で成長した姿を披露。たどり着いた最高の景色に「幸せでした」と歓喜に浸った。

「選手権優勝は通過点だけど、きょうは初めて何かを成し遂げられた日でした」。東北社会人リーグ1部のいわきFCに入団するバイロンは2月からハワイ遠征に合流。その先の目標にはJクラブ加入、チリ代表入りを掲げ、進化を続けていく。

(取材・文 佐藤亜希子)
●【特設】高校選手権2018

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら