最下位ハダースフィールド、45年ぶり1部昇格に導いたワーグナー監督と契約解除

最下位ハダースフィールド、45年ぶり1部昇格に導いたワーグナー監督と契約解除
ハダースフィールドがデビッド・ワーグナー監督と解約解除

 ハダースフィールドは14日、デビッド・ワーグナー監督(47)と双方合意の下で契約解除したことを発表した。リザーブチーム監督のマーク・ハドソン氏(36)が暫定監督を務める。

 ワーグナー監督は2015年11月からハダースフィールドを指揮。2016-17シーズンにチャンピオンシップ(2部相当)5位で終え、昇格プレーオフを勝ち上がり、45年ぶりとなる1部昇格を決めた。昨シーズンは16位で残留したが、今シーズンは第11節フルハム戦で初勝利を飾ったが、第22節を終えて2勝5分15敗と最下位に沈んでいた。
●プレミアリーグ2018-19特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。