『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:誇りを胸に(流通経済大柏高・吉田俊輔)

『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:誇りを胸に(流通経済大柏高・吉田俊輔)
(写真協力=高校サッカー年鑑)

東京のユースサッカーの魅力、注目ポイントや国内外サッカーのトピックなどを紹介するコラム、「SEVENDAYS FOOTBALLDAY」

 涙は出なかった。それはもちろん悔しかったけど、メチャクチャ楽しかったし、アイツらで勝てなかったら仕方ない。あとは、やっぱりキャラ的にも自分が泣くのはちょっと違うかなって思っていたから。「最前列で一緒に頑張ってきたヤツらの戦っている所を見れたし、最後の最後まで自分たちも一緒に練習できたので、それは本当に感謝しかないし、結果は準優勝でしたけど、『頑張って良かったな』という想いはあります」。負けたばかりの仲間たちが、俯きながら自分たちの下に歩いてくる。スタンドを染める鮮やかな赤。流通経済大柏高の応援を束ねてきた吉田俊輔は、最後の挨拶に向けてゆっくりと座席から立ち上がった。

 1月13日。青森山田高との決戦を翌日に控えた流経大柏のトップチームは、慣れ親しんだいつものグラウンドで練習を開始する。少なくない報道陣や関係者の視線がフルコートのピッチに注がれる一方、柵を隔てたすぐ隣の小さなスペースでは、嬌声に溢れたミニゲームが繰り広げられていた。ボールを蹴っていたのは全員が3年生。その中でも一際騒いでいる姿が目に留まる。「黙ってられないんですよ。すぐ口を開いちゃう空気の読めないヤツです(笑)」。そう自己分析するのは吉田俊輔。流経大柏の応援団長を託されている、チームきってのムードメーカーだ。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。