ベテランの励まし、叱咤に感謝する森保監督「若手に響くと思う」

ベテランの励まし、叱咤に感謝する森保監督「若手に響くと思う」
報道陣の質問に答える森保一監督

 FWの得点を素直に喜んだ。先発10人を入れ替えて臨んだ17日のウズベキスタン戦(○2-1)では失点直後にFW武藤嘉紀が同点ゴール。武藤にとって15年10月13日の国際親善試合イラン戦(△1-1)以来、約3年3か月ぶりとなる待望の一撃だったが、森保ジャパンとしてもFW大迫勇也以外のFW登録選手による初めてのゴールだった。

「FWの選手は点を取ることで自信が高まっているところがある。本人にとってもチームにとっても、今後に向けて自信になる得点だった」。ウズベキスタン戦から一夜明け、報道陣の取材に応じた森保一監督はそう言って目を細めた。

 森保ジャパン初陣となった昨年9月11日のコスタリカ戦(○3-0)以降、ウズベキスタン戦までの8試合で計21ゴールが生まれているが、得点者の内訳は大迫とMF南野拓実がそれぞれ4得点でトップスコアラー。MF伊東純也、MF堂安律、MF原口元気が2点ずつで、MF中島翔哉、DF酒井宏樹、DF山中亮輔、DF塩谷司、そして武藤が各1点となっている(それ以外にオウンゴールが2つ)。

 これまで森保ジャパンの1トップには途中出場も含めてFW小林悠、FW浅野拓磨、FW川又堅碁、FW杉本健勇、FW北川航也が起用されてきたが、いずれもゴールという結果を残せず。ウズベキスタン戦は武藤と北川の2トップに近い形だったが、いずれにしても大迫以外でFWの選手が得点を決めたのは武藤が初めてだった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 武藤嘉紀 日本代表
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「武藤嘉紀 + 日本代表」のおすすめ記事

「武藤嘉紀 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「原口元気」のニュース

次に読みたい関連記事「原口元気」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大迫勇也」のニュース

次に読みたい関連記事「大迫勇也」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。