中学時代の僚友が選手権で大ブレイク。帝京の新司令塔MF石川「負けられないという気持ち」

中学時代の僚友が選手権で大ブレイク。帝京の新司令塔MF石川「負けられないという気持ち」
帝京高MF石川航大は旧友の活躍に負けないプレー、勝利を誓う

 選手権優勝6回、インターハイ優勝3回の歴史を持つ帝京高(東京)は今年、05年以来14年ぶりにプリンスリーグ関東に参戦する。そして、最大の目標が10年ぶりとなる選手権出場、全国制覇。その帝京の新司令塔候補・MF石川航大(2年)にとって刺激となっている存在がいる。選手権準決勝でハットトリックを達成するなど同大会得点王(他2人)に輝いた尚志高FW染野唯月(2年)だ。鹿島アントラーズつくばジュニアユース時代のチームメートに負けない活躍を誓うMFが、今年への意気込みなどを語った。

―アントラーズつくば出身として、意識する選手がいる。
「全国の舞台で染野唯月(尚志)が注目されている中で、インハイでも(優勝した山梨学院高のボランチ)平松柚佑とか一緒にプレーしていた仲間が活躍しているので刺激にもなりますし、アンつく(アントラーズつくば)の時とかボランチで一緒にやっていたりしたので負けられないという気持ちがあります」

―選手権後に染野選手と連絡を取ったりはした?
「最近会う機会もあったので話したりしました。尚志とプリンスリーグ参入戦(12月)前に練習試合をしたり、最近もジャパンユースでコートが隣だったので話したりしました。お互いに『頑張れよ』と」

―昨年は帝京のボランチとして先発も。このチームで2年生で出ることも簡単ではなかったと思うが?
「一昨年と去年、1、2年生の時は先輩が上手かったので多少頼っていた部分も、助けられていた部分もあったんですけれども、今年は自分が試合に出ていた分、経験を活かして引っ張っていかないといけない立場になったと思う。しっかりチームを牽引できるようになっていきたいです」

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鹿島アントラーズ 内田篤人
  2. 鹿島アントラーズ 小笠原満男
  3. 鹿島アントラーズ 昌子源
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事をもっと見る

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「浦和レッズ」のニュース

次に読みたい関連記事「浦和レッズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。