[日本高校選抜選考合宿]市立船橋MF岡井駿典「守備で貢献しなければいけない」

[日本高校選抜選考合宿]市立船橋MF岡井駿典「守備で貢献しなければいけない」
市立船橋高MF岡井駿典は高校選抜のレギュラー取りを狙う

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜選考合宿が24日、静岡県内でスタートした。最終的に18名が日本高校選抜として4月に欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 名門・市立船橋高(千葉)の主将を務めたMF岡井駿典(3年)は選手権予選敗退ながらも高校選抜候補メンバー入り。万能型で、守備能力の高いレフティーは指揮を執る朝岡隆蔵監督(市立船橋高)の下で初日からアピールし、ボランチのレギュラー候補に食い込んでいる。その岡井が選手権や高校選抜、19年の意気込みについて語った。

―選手権を振り返って。
「見る立場になって、どこを応援するという訳ではないですけれども、自分たちが出れなかった舞台に(出場選手たちが)立っていることを羨ましいと思っていました。自分たちの代はインターハイでもプレミアリーグでも結果が出なかったので、それには悔いが残っていますね」

―全国出場は逃したけれど、高校選抜候補入りした。
「選手権出ていないのに選ばれたのは朝岡監督だからということが大きいですし、それには感謝してやっていきたいですね」

―合宿初日の感想を。
「ボランチをやっているんですけれども守備で貢献しなければいけないと感じているので、そこはしっかりと出していきたい」

―外国人選手相手に試したい部分は?
「特長の守備の部分だけでなくて全体的にどこまでできるかを、毎年海外遠征とかして感じていますし、(高校選抜の欧州遠征では)もっと高いレベルの選手とできると思うので楽しみです」

―高校選抜入りへの意気込み。
「ここまで選んでくれた監督のためにも選ばれたい」

―高校3年間を振り返って。
「あっという間という気持ちですけれども、サッカーに向き合うことができて充実して楽しかったです」

―2019年の意気込み。
「環境が高校から大学へ大きく変わって、一番下の学年になるので、その環境の変わったところの難しさもあるんですけれども対応して、1年生から活躍できるように今から準備を大切にしたいです」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。