[日本高校選抜選考合宿]帝京長岡MF谷内田哲平「次選ばれなければ意味がない」

[日本高校選抜選考合宿]帝京長岡MF谷内田哲平「次選ばれなければ意味がない」
帝京長岡高MF谷内田哲平はパスセンスの高さなどを武器に高校選抜入りを目指す

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜選考合宿が24日、静岡県内でスタートした。最終的に18名が日本高校選抜として4月に欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 テクニカルなスタイルのサッカーで選手権を沸かせた帝京長岡高(新潟)のMF谷内田哲平(2年)は合宿初日、スピンをかけたスルーパスなど持ち味の上手さを発揮。ハイレベルな技術に加え、テンポの速いパス、動きにも定評のある谷内田が選手権や高校選抜、19年の意気込みについて語った。

―選手権を振り返って。
「正直、優勝したかった。次の代が期待されると思うので、次優勝できればいいと思っています」

―高校選抜候補に選ばれた感想を。
「選考会なので、次選ばれなければ意味がないと思っているので、選ばれるように頑張っていきたいです」

―合宿初日を終えて。
「上手くコミュニケーションを取りながらできていたので、良かったかなと思っています。スルーパスだったり、バイロンとか足の速い選手がいるので合わせていきたいと思っています」

―外国人相手に試したい部分。
「クイックなプレーは外国人はついて来れないと思うので、日本人の良さを出していければいいと思っています」

―メンバー入りへの意気込み。
「まずはいいプレーをしないと選ばれないので、アピールし続けるということと、上手く仲間を活かしながらやっていければいいかなと思っています」

―意識する選手はいる。
「(同じ2年生の)武田(英寿)とか意識しますね」

―2019年の目標。
「19年はチームとしては日本一を取ることと、自分自身は(U-18日本代表の)アジア予選があると思うので、まずはそこに選ばれるようにしていければいい」

(取材・文 吉田太郎)
●【特設】高校選手権2018
2019日本高校選抜欧州遠征特設ページ

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。