[日本高校選抜選考合宿]山梨学院DF大石悠介「まず今の合宿でベストを出せるように頑張ること」

[日本高校選抜選考合宿]山梨学院DF大石悠介「まず今の合宿でベストを出せるように頑張ること」
インターハイ優勝の山梨学院高CB大石悠介が高校選抜欧州遠征メンバー入りを目指す

 第97回全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に構成された日本高校選抜選考合宿が24日から静岡県内で行われている。最終的に18名が日本高校選抜として4月に欧州遠征を行い、第57回デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会(ドイツ)に出場する。

 CB大石悠介(3年)は山梨学院高(山梨)のDFラインの中心としてインターハイ優勝。選手権出場を逃したが、それでも対人の強さを特長とする左利きのCBは高校選抜候補に選出され、左DFのレギュラー候補になっている。その大石が選手権や高校選抜、19年の意気込みについて語った。

―選手権を振り返って。
「チームの状態が悪かったし、個人の状態も良くなくて……ベストではなかったのでしょうがない結果かなと思っています」

―高校3年間振り返ると?
「インターハイは優勝という最高の形だったんですけれども、そこから崩れてしまったので、最後の1年間は良かったり、悪かったりという感じですね」

―それでも高校選抜候補選出。選ばれた時の心境は?
「自分の目標が選手権で活躍して高校選抜に入るということだったので、選手権は出れなくて活躍できなかったんですけれども、最終的な目標に選んでもらえたので、そこはベストを尽くして頑張ろうと思っています」

―合宿初日、2日目の感想を。
「初日にしてはやれていたと思います。2日目は組織的な守備が難しかったです。動かしたり、慣れていないので難しいです。自分の中ではダメだった方だと思います。明日は大学生と試合があったりするので、そこでまたいいプレーができたらいい」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年1月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。