[新人戦]新主将・森が攻守で牽引。新生・四日市中央工が三重決勝へ

[新人戦]新主将・森が攻守で牽引。新生・四日市中央工が三重決勝へ
四日市中央工高はMF森夢真主将の先制ゴールなどによって快勝

[2.2 三重県高校新人大会準決勝 四日市中央工高 3-1 津工高 四日市中央工高G]

 平成30年度三重県高校サッカー新人大会の準決勝が2日に行われ、四日市中央工高津工高が対戦。MF森夢真主将(2年)の先制点を皮切りに3得点を奪った四日市中央工が3-1で勝利した。

 四日市中央工は、24年に渡ってチームの指揮を執ってきた樋口士郎前監督が選手権最後に退任。今大会から、OBでコーチを務めてきた伊室陽介監督による新体制がスタートした。前任の樋口監督から目指すサッカーは大きく変わらない。伝統の継承という色合いが強いスタイルの中で、この日の序盤に見せたのは今年らしい前線からのアグレッシブなスタイルだ。

 昨年までは「最初の5分間は絶対に負けないという気持ちでガンガン行く」(MF浅野快斗、2年)のがチームのルールだったが、身体能力が高い選手が揃う今年はその時間帯を10分に延長。この日もキックオフと同時に、高い位置からの守備と奪ってからのサイド攻撃で津工を圧倒した。

 中でも特筆すべきプレーを見せたのが、津工のキーマンであるMF山田新士(2年)らに積極的な守備を続けた森とMF角田瞬(3年)によるダブルボランチだ。「2人がエネルギッシュに行けるから高い位置から奪いに行けるし、後ろもラインを上げられる」(伊室監督)というメリットとともに、チームが目指す方向性をプレーで示すかのような動きで仲間の背中を押した。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 女子」のおすすめ記事

「高校サッカー + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月3日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。