早稲田大史上初、元G大阪MFが社長の「SOU」がユニフォームに企業ロゴ掲出


 早稲田大が株式会社SOUとオフィシャルパートナーシップ契約を締結したと発表した。ア式蹴球部のユニフォームの胸部分にロゴを掲出する。契約期間は2019年2月1日から22年1月31日までの3年契約となる。

 1924年創部と伝統ある早稲田大ア式蹴球部の歴史に新たな1ページが記される。同大ユニフォームに企業ロゴが掲出されるのは史上初。1日に行われた同部の納会で、今季より同部新部長に就任することになった競技スポーツセンター所長の石井昌幸氏も「(早大には)44の体育各部があるが、初の試みになる。セカンドキャリア支援に力を入れてきた私たちにとっても理想的な縁」と契約締結の喜びを語った。

 胸部分には「SOU」という文字が入る。株式会社SOUは2011年12月に設立された会社で、主にブランド品や骨董・美術品等の買取、販売を行っている。代表取締役社長の嵜本晋輔氏は1982年生まれの36歳。ガンバ大阪でのプレー経験を持つ元Jリーガーだ。
早稲田大史上初、元G大阪MFが社長の「SOU」がユニフォームに企業ロゴ掲出
早稲田大史上初、元G大阪MFが社長の「SOU」がユニフォームに企業ロゴ掲出
現役時代の嵜本社長
 嵜本氏は関大一高を卒業後、G大阪に入団。攻撃力を売りにするMFだったが、プロの壁は厚く、リーグ戦はルーキーイヤーの2001年に2試合に出場したのみ。3シーズンを過ごした03年オフに契約満了を言い渡された。翌年は当時JFLの佐川急便大阪SCでプレーしたが、同シーズン限り、22歳でサッカー界から引退することになった。

 当時を「ショッキングな出来事」と回想する嵜本氏だが、才能は次の舞台ですぐに開花することになる。2人の兄とともに3兄弟で、父親が営んでいたリサイクル事業を引き継ぐと、様々な分野にビジネスを展開。焼きたてチーズタルト専門店のPABLOを立ち上げて軌道に乗せた。

この記事の画像

「早稲田大史上初、元G大阪MFが社長の「SOU」がユニフォームに企業ロゴ掲出」の画像1 「早稲田大史上初、元G大阪MFが社長の「SOU」がユニフォームに企業ロゴ掲出」の画像2 「早稲田大史上初、元G大阪MFが社長の「SOU」がユニフォームに企業ロゴ掲出」の画像3 「早稲田大史上初、元G大阪MFが社長の「SOU」がユニフォームに企業ロゴ掲出」の画像4
「早稲田大史上初、元G大阪MFが社長の「SOU」がユニフォームに企業ロゴ掲出」の画像5

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月4日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。