鹿島新主将の内田篤人、主力流出も「そうしてタイトルを取ってきたチーム」

鹿島新主将の内田篤人、主力流出も「そうしてタイトルを取ってきたチーム」
キャプテンマークを巻いた鹿島DF内田篤人

[2.9 いばらきサッカーフェスティバル 鹿島1-0水戸 カシマ]

 鹿島アントラーズの新キャプテンに就任したDF内田篤人は水戸とのプレシーズンマッチで15分間にわたってプレーした。「開幕がピークじゃない。僕は一回死んだ身ですからみんなと一緒に身体を作っていたらダメ」。長いシーズンを見据えて徐々にコンディションを上げていくようだ。

 昨季から約8年ぶりに古巣鹿島へ復帰。J1リーグ戦では12試合の出場だったが、ACLでは準決勝の決勝ゴールなど要所で大きな活躍を見せ、クラブ史上初のアジア制覇を牽引した。そうして迎えた2年目は新主将を担当。オフには中心選手の流出もあり、さらに大きな役割が期待される。

 しかし、しばらくは焦らず調整していく構えだ。「そこ(開幕)を見ていたら、キャンプ全部やったほうがいいけどそこだけじゃない」。そう強調した30歳は開幕へラストスパートをかける同僚たちとは別調整を続けている模様。「別に遅れているとは思っていない。やれと言われればやれる」上での選択だという。

 オフにはDF昌子源(→トゥールーズ)、DF西大伍(→神戸)といった中心選手が移籍し、最終ラインは大きく顔ぶれが変わることになる。しかし、経験豊富な30歳は問題視していない。「他のチームとは違って良い選手はどんどん海外に出ちゃう。それは日本の現代のサッカーの流れ」と語り、次のように続けた。

「(鹿島は日本の)トップでやっているので、核を作り切れずにチームを作らなきゃいけない難しさはあるけど、ヤナギさん(柳沢敦)も(小笠原)満男さんも俺も、ゲンも、ナオ(植田直通)も。これから出て行く選手がいるかは分からないけど、そうしてタイトルを取ってきたチーム」。

 選手流出を常勝軍団の歴史の一部と受け入れ、「新しい選手が活躍するチャンス」と若手の台頭を期待した内田。「若い選手もポテンシャルは持っている。昨季はスタートでこけたし、型にハマって戦える流れができてくるといいけど、そこに乗っかるまでは難しい」。自らのコンディションも、チームの完成度も、落ち着きをもって高めていくつもりだ。

(取材・文 竹内達也)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内田篤人 Instagram
  2. 内田篤人 クラブW杯
  3. 内田篤人 年俸
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年2月9日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内田篤人 + 鹿島アントラーズ」のおすすめ記事

「内田篤人 + 鹿島アントラーズ」のおすすめ記事をもっと見る

「内田篤人 + 怪我」のおすすめ記事

「内田篤人 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら