[新人戦]作陽が就実とのPK戦制し、2連覇:岡山

 平成30年度岡山県高校サッカー新人大会決勝が10日に行われ、作陽高が2年連続19回目の優勝を飾った。決勝で就実高と対戦した作陽は、後半29分にMF川上陽星のゴールで先制。後半終了間際に就実の福田完悟に同点ゴールを許したが、作陽は1-1で突入したPK戦で5人全員が成功して5-4で競り勝った。作陽、就実、そして3位の岡山学芸館高は3月の中国大会に出場する。

【岡山】
[決勝]
就実高 1-1(PK4-5)作陽高

[3位決定戦]
岡山学芸館高 3-1(延長)倉敷古城池高

[準決勝]
岡山学芸館高 1-3 就実高
倉敷古城池高 0-4 作陽高

[準々決勝]
岡山学芸館高 2-1 水島工高
岡山芳泉高 0-1 作陽高
倉敷翠松高 0-5 就実高
倉敷古城池高 5-0 笠岡高

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年2月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。