「無理、無駄」を省き、良さを出すために重要な基本と集中力。高校選抜は可能性秘めたGK3人がポジションを争う

「無理、無駄」を省き、良さを出すために重要な基本と集中力。高校選抜は可能性秘めたGK3人がポジションを争う
左から飯田雅浩(青森山田高)、松田亮(東福岡高)、八井田舜(岡山学芸館高)のGK衆、そして伊藤竜一GKコーチ(市立船橋高)

 4月に欧州遠征を行う日本高校選抜は現在、青森山田高(青森)の主将、守護神として選手権優勝を成し遂げているGK飯田雅浩(3年)と、全国的に無名の存在ながらも選考会を通して評価を高めてきたGK八井田舜(岡山学芸館高3年)、そして2年連続で日本高校選抜候補に選出された実力派GK松田亮(東福岡高3年)の3選手が守護神の座を争っている。

 彼らを指導するのは、市立船橋高(千葉)GKとして94年度の選手権制覇、指導者としても全日本大学選抜や母校・市立船橋を指導し、Jリーガーを育成してきた伊藤竜一GKコーチ(市立船橋高、ブリオベッカ浦安)だ。“素材系”と評されていた選手たちをこだわって指導し、プロの世界へ送り出している伊藤GKコーチは、今回選出されている3人のGK(いずれも大学へ進学)が将来、いずれもプロの世界へ駆け上がる可能性が「あります」と頷く。

 1月中旬の1次選考会、1月下旬の選考合宿、そして今月13日から行われている今回の埼玉合宿で、伊藤GKコーチが一貫して選手たちに伝えているのは基本の部分だ。「元々持っているものをより良く出すため、基本のところを徹底したい」と伊藤GKコーチ。シュートセーブに、クロスの対応、ビルドアップなどそれぞれ得意とするものを持っているが、基本を高めることでそれらをより有効活用することができる。

 いつ見て、何を考えるかなど「無理、無駄を省く作業」(伊藤GKコーチ)の連続。指導期間は選抜チームの限られた時間ではあるが、飯田は「プレーも考え方も基礎がしっかりできていないと応用も多分できないと思いますし、大きい枠組みを決められているのであとは自分で実践するだけ」と語り、松田も「キャッチングの手の形だったり、細かい部分から、基礎の部分を指導してもらっている。吸収できることをしっかり活かしたい」と口にしたように、選手たちは基本への意識を高めているようだ。また『スラムダンク勝利学』の著者・辻秀一氏の講義を聞いたという伊藤GKコーチは、選手が試合中に“切れた”時間を作らないように、選手たちが良い心理状態、良いパフォーマンスを続けられるように、集中力の部分にもこだわって求めている。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年2月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。