高校選抜の守りを強固にするCB白井&CB大石、埼スタで「ゼロ」に封じて“本番”に弾みを

高校選抜の守りを強固にするCB白井&CB大石、埼スタで「ゼロ」に封じて“本番”に弾みを
CB白井陽貴(矢板中央高、左)と大石悠介(山梨学院)のCBコンビがU-18Jリーグ選抜の前に立ちはだかる

[2.15 練習試合 日本高校選抜 0-3 流通経済大]

 日本高校選抜が4月の欧州遠征で出場するデュッセルドルフ国際ユース大会(ドイツ)は25分ハーフの“高速ゲーム”。試合時間が短い分、1点の重みが大きい。先制されると取り返すことが難しい状況となるだけに、DF陣は現在から無失点を強く意識して戦っている。

 まだまだ守備のトレーニングは割ける時間が少なく、そのため試合では個で守れているようなシーンが多い。押し込まれる展開となったこの日の1本目は大石悠介(山梨学院高3年)と白井陽貴(矢板中央高3年)のCBコンビ中心に我慢強く凌いでいたが、GK飯田雅浩(青森山田高3年)のファインセーブがなければ、2点、3点と失っていた可能性がある展開だった。

 16日のNEXT GENERATION MATCHで先発出場が有力な大石は「能力高い選手が揃っているので、あとは連係をどう取るかが大事。(朝岡隆蔵)監督が色々な戦術とかやってくれている。それを活かしてみんなで修正できたらいい」と語った。欧州遠征までにチームで修正を重ね、失点しないチームになる考えだ。

 同じく先発候補の白井は、大石とのコンビについて「大石も自分も上手い系というより、高校サッカーぽい強い系だと思う。そういう部分で引っ張っていきたい。強い守備をして攻撃面では周りに合わせたり積極的にチャレンジしたい」と語った。この日、白井はCBから右SBを追い越す形で攻撃参加も。大学生との競り合いを制してクロスへ持ち込むなどチャレンジしていたCBは、トレーニングから相手の状況を見極め、思い切り良くパスを狙うなど積極性が光る。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年2月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。