『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:インパクト(清水エスパルス・金子翔太)

『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:インパクト(清水エスパルス・金子翔太)
清水エスパルスMF金子翔太は開幕戦で北川のゴールをアシストした

東京のユースサッカーの魅力、注目ポイントや国内外サッカーのトピックなどを紹介するコラム、「SEVENDAYS FOOTBALLDAY」

 目指していた数字には到達した。結果は十分に出してみせた自負もある。だからこそ、自らが欲する地点へ辿り着くために必要なものが、より明確になったのかもしれない。「目標はもう日本代表です。もう二桁得点とかじゃなくて、代表。そのためには、やっぱりゴール数、アシスト数もそうですけど、毎試合の“インパクト”が必要なんじゃないかなと」。金子翔太。23歳。技術と献身を兼ね備えたアタッカーは、“インパクト”というラストピースを手に入れるべく、2019年シーズンを歩み出した。

 2018年9月。金子は新たなモチベーションを駆り立てられていた。時は森保一監督率いる新生日本代表が立ち上がったばかりのタイミング。中島翔哉南野拓実堂安律。同年代のアタッカー陣が生き生きと躍動する姿を目にして、今までとは違う感情が自身の中に湧き上がってくる。「この間の代表戦を見た次の日は『ボールを蹴りたい』と思って、いつもより早く練習に行っちゃいました」。生来持ち合わせている“サッカー小僧”としての表情が覗く。

「拓実くんはアンダー世代の代表でずっと一緒にやっていましたし、中島翔哉くんも僕の1個上でずっと見ていた選手で、試合を見ていて僕も楽しかったですし、刺激にもなりました」。身近な選手たちのプレーに、自身のスタイルを重ね合わせていく。「僕はどちらかと言うとドリブラーというよりはチームの基点になるような、仕掛けるというよりは香川選手みたいに間で受けて、味方と共存しながらというタイプなんですけど、今回みたいに海外でやっている選手を見たら、『今はトレンド的に前線の選手もああやってガンガン仕掛けていかないとな』と思いました」。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「清水エスパルス」に関する記事

「清水エスパルス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「清水エスパルス」の記事

次に読みたい「清水エスパルス」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 清水エスパルス 北川航也
  2. 清水エスパルス 日本代表
  3. 清水エスパルス 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。