『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:あの日の決意表明(アルビレックス新潟・新井直人)

『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:あの日の決意表明(アルビレックス新潟・新井直人)
ジェフユナイテッド千葉対アルビレックス新潟の後半アディショナルタイム、J初ゴールを決めた新潟新井直人は背中の“32”の数字を両手の親指でアピール

東京のユースサッカーの魅力、注目ポイントや国内外サッカーのトピックなどを紹介するコラム、「SEVENDAYS FOOTBALLDAY」

 涙に濡れた瞳のまま、きっぱりと言い切ったあの日の決意表明を覚えている。その言葉を叶えるため、どれぐらいの努力を重ねたのだろうか。その想いを手繰り寄せるため、どれぐらいの犠牲を払ったのだろうか。「4年後には絶対プロになります。だから、また試合を見に来てください」。32番という大きな背番号を与えられた青年はまさに4年後、その言葉を叶え、その想いを手繰り寄せて、“プロのピッチ”に立っていた。

 2014年12月23日。神奈川県立保土ヶ谷公園サッカー場。実践学園高の3年生にとって文字通りのラストゲームがやってくる。関東1都7県のリーグチャンピオンが集い、翌シーズンへの“置き土産”を巡って争われるプリンスリーグ関東参入決定戦。彼らは初戦の習志野高戦に延長終了間際の劇的なゴールで競り勝ち、ヴァンフォーレ甲府U-18との決戦へ駒を進める。11年ぶりのプリンス関東復帰へ王手を懸けたチームの中に、新井直人の名前はあった。

『心で勝負』をスローガンに掲げる実践学園にあって、指導スタッフ陣も歴代で屈指の“心”を有した代と認めていたのが、この年の3年生たち。ところが、総体予選は1次予選で成立学園高に屈し、選手権予選は決勝で國學院久我山高に惜敗。全国には手が届かなかっただけに、T1リーグ(東京都1部)王者として臨んだこの大会でのプリンス昇格は、残された唯一の誇るべき成果となる。加えて彼らを時に厳しく、時に温かく指導してきた元日本代表選手の野口幸司コーチが、この年いっぱいで退任することも決まっていた。後輩のため。野口さんのため。様々な思いが交錯しつつ、最後の1試合は幕を開ける。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. アルビレックス新潟 移籍
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年3月6日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「アルビレックス新潟 + 移籍」のおすすめ記事

「アルビレックス新潟 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「コンサドーレ札幌」のニュース

次に読みたい関連記事「コンサドーレ札幌」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柏レイソル」のニュース

次に読みたい関連記事「柏レイソル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら