[サニックス杯]「ベース作り」の段階も、青森山田が走ってU-17マレーシア代表撃破!

[サニックス杯]「ベース作り」の段階も、青森山田が走ってU-17マレーシア代表撃破!
後半34分、青森山田高はFW古澤ナベル慈宇が2点目のゴール

[3.14 サニックス杯予選リーグ U-17マレーシア代表 0-2 青森山田高 グローバルアリーナ]

 国内外の高校生世代16チームが優勝を争う「サニックス杯国際ユース大会2019」が14日に福岡県宗像市のグローバルアリーナで開幕。今冬の選手権優勝校で前回のサニックス杯王者でもある青森山田高(青森)とU-17マレーシア代表が開幕試合で対戦し、U-17日本代表CB藤原優大(1年)とFW古澤ナベル慈宇(1年)のゴールによって青森山田が2-0で勝った。

 プレミアリーグEAST開幕まであと3週間強。青森山田の黒田剛監督は「まだ手探りでやっている。チームのベース作りの段階」であることを説明する。その中で指揮官は「まず走ること、プレッシャーに行くこと。走り負けない、競り負けない」というチームのベースとなる部分をチェック。選手たちはU-17マレーシア代表相手に走り負けない、競り負けない戦いを見せた。

「35分ハーフなので、プレミアはあと20分長い。この70分は絶対に切らさないでやらなきゃ、プレミアや選手権で難しくなると思ったので、70分全力で前から行きました」というU-18日本代表MF武田英寿主将(2年)や注目の新1年生MF松木玖生、MF古宿理久(2年)の中盤中央3選手を筆頭に立ち上がりから相手を追い回し、失ったボールをすぐに奪い返して主導権を握る。

 そして、コンビネーションから武田の放った左足シュートや、CK、右SB内田陽介(2年)のロングスローで相手にプレッシャーをかけ続ける。U-17マレーシア代表の快足FWシャムスディン・ルクマン・ハキムのスピードに苦しむシーンもあったが、空中戦や潰しの部分で奮闘していた藤原中心のDFラインが決定打を打たせない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年3月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。