同世代の仲間と再び…史上32人目のデビュー弾狙う鈴木武蔵「一番はゴール」

同世代の仲間と再び…史上32人目のデビュー弾狙う鈴木武蔵「一番はゴール」
コロンビア戦に向けて調整するFW鈴木武蔵

 狙うは史上32人目のA代表デビュー弾だ。日本代表に初招集されたFW鈴木武蔵(札幌)は22日のキリンチャレンジカップ・コロンビア戦(日産ス)を翌日に控え、「まずFWなので、点を取ること。まだまだ(合流して)日が浅いので、試合の中でも話し合ってコンビネーションを向上できれば。一番はゴールを取ること」と力強く言い切った。

 16年リオデジャネイロ五輪以来の日本代表。「久々に日の丸のユニフォームを着て試合ができるのは本当に楽しみ」。A代表は初招集だが、リオ五輪をともに戦ったMF南野拓実、MF中島翔哉、DF室屋成、GK中村航輔ら同世代の選手も多い。「今までやってきた仲間たちとまたこうやってできるのは楽しみ」と目を輝かせた。

 今回は招集外だが、MF遠藤航を含め、リオ世代が森保ジャパンで台頭する中、「(代表戦を)見ていて同世代が活躍しているのは刺激になる。10代から一緒にやっている選手もいるし、自分もここで早く出て、また一緒にサッカーをしたいなと思っていた」との思いを強めていた。

 昨季、新潟から完全移籍した長崎(当時J1)で29試合に出場し、自身初の2ケタ得点となる11ゴールを記録。今季は札幌に戦いの場を移したが、開幕からの4試合で3ゴールと好調をアピールし、代表初招集につながった。

 長崎では高木琢也監督(現大宮監督)の下、得点感覚を開花させた。「前向きで受けられる体勢で受けるということもそうだし、メンタル面でもいつも呼び出されていた」。得点が取れずに焦っているときには練習後に高木監督からマンツーマンで指導を受けることもあった。「今のお前では絶対に点を取れない。FWは焦っていたら点を取れない。練習で決めている選手が試合でも決める。試合と同じように練習から100%でやれ」。“アジアの大砲”と呼ばれた元日本代表FWから薫陶を受けた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年3月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。