ハリル監督率いるナント、国内杯準決勝でパリSGに挑む…「どうしてチャンスがないと言えようか」

ハリル監督率いるナント、国内杯準決勝でパリSGに挑む…「どうしてチャンスがないと言えようか」
バヒド・ハリルホジッチ監督が国内杯準決勝に臨む

 ナントは3日にクープ・ドゥ・フランス(仏国内杯)準決勝でパリSGと対戦する。クラブを率いるバヒド・ハリルホジッチ監督が心境を語った。仏紙『ル・パリジャン』が伝えている。

 元日本代表指揮官は昨年10月にナント監督に就任。降格圏内のリーグ19位に沈んでいたチームで公式戦4連勝を果たし、現在は15位まで順位を伸ばした。しかし昨冬ナントに悲劇が訪れる。リーグ12得点でチームの得点源となっていたFWエミリアーノ・サラが、移籍先のカーディフに向かう途中で飛行機の墜落事故によって逝去。約2か月が経過しても、指揮官の哀しみは癒えていないようだ。

「私たちは恐ろしく、想像を絶する瞬間を過ごした。最悪だったのは事故発生から遺体発見まで待っている間だ。我々が持ち続けていた希望が、我々を疲弊させてしまったんだ。クラブは数週間にわたって動揺が続いていたよ」

「彼が私たちに別れを言い、飛行機が離陸する直前まで数メートル近くにいたんだ。私たちが築いてきた関係に彼は感謝していたよ。『カーディフでも幸運を祈っている』と彼に伝えたんだが、翌日に飛行機が消えたと知らされた。ひどくショックを受けたよ」

 戦力面でも大きな得点源を失ったナントだが、仏国内杯では準決勝に進出。66歳の指揮官は「我々は12年ぶりにセミファイナルに挑む。私が就任したときより戦力は良くなっている」と自信を垣間見せる。

「ブラジル・ワールドカップのベスト16でもアルジェリアを指揮し、ドイツを苦しめた。我々が完璧に準備をして大胆に攻めていくならば、どうしてチャンスがないと言えようか」

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年4月3日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。