悔しさにじませる鄭大世、ポスト直撃含む最多5本も空砲…「もう1点欲しかった」

悔しさにじませる鄭大世、ポスト直撃含む最多5本も空砲…「もう1点欲しかった」
両チーム最多のシュート5本を放ったFW鄭大世

[4.6 J1第6節 FC東京2-1清水 味スタ]

 交代後の逆転負けには、やり切れない思いもあった。清水エスパルスFW鄭大世は「今日はもうちょっと出たらやれたなという自信はあった」と悔しさをにじませた。後半21分に交代でベンチに下がったあとにチームは失速し、2失点を喫した。

 最大の決定機は前半21分に訪れた。DFエウシーニョからロングフィードが入ると、最終ラインの背後に完全に抜け出し、エリア内に侵入。「自分の形だったので絶対に入ると思った」。GKとの1対1から右足を振り抜いたが、シュートは惜しくも左ポストを叩いた。

 チャンスを逸したものの、0-0で折り返した後半4分にFW北川航也が先制ゴール。「今日は勝てる雰囲気があったと思う」。その後も清水が攻め込む時間帯が続いたが、交代策で流れを引き寄せたのは相手だった。66分間の出場で鄭大世が放ったシュートは両チーム最多の5本。「追加点が欲しかったですね。1点は欲しかった」と唇をかんだ。

「あのいい流れの時にもう1点取っておきたかった」。05年以来となるクラブワーストタイの開幕6戦未勝利(2分4敗)。仙台が勝利し、清水が最下位に転落した。現実は重くのしかかったが、「ポジティブに捉えます。まだ立て直せる」と前を向いた。

(取材・文 佐藤亜希子)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 清水エスパルス 日本代表
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年4月6日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。