『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:サックスブルーの一番うしろ(ジュビロ磐田U-18・杉本光希)

『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:サックスブルーの一番うしろ(ジュビロ磐田U-18・杉本光希)
ジュビロ磐田U-18GK杉本光希

東京のユースサッカーの魅力、注目ポイントや国内外サッカーのトピックなどを紹介するコラム、「SEVENDAYS FOOTBALLDAY」

 タイムアップの笛が鳴った瞬間。その劇的な勝利に彩られた笑顔の桜が緑の芝生によく映える中、21番を背負ったキャプテンも自らを爆発させる。「『ウソだろ!』みたいな感じでした(笑) でも、みんな信じていたからああいうゴールが生まれたと思いますし、最後までチーム全員が諦めないで戦い続けた結果かなと思います」。サックスブルーの一番うしろ。杉本光希にとって勝負を懸けた3年の最後の1年間は、勝ち点3と共に幕を開けた。

 4月7日。セントラル開催として2日間で5試合が行われる、高円宮杯プレミアリーグEAST開幕節。その栄えあるオープニングマッチにジュビロ磐田U-18は選ばれる。相手は市立船橋高。既にこのトップリーグ在籍6年目を数えており、言わずと知れた高校サッカー界の名門だ。ただ、「実は3,4人ぐらいケガをしていて、なかなかチームとして良い状態ではなかったんです」と明かしたのはジュビロのキャプテンを託されている杉本光希。チームは小さくない不安を抱えながら、この日を迎えていた。

 ところが、立ち上がりからジュビロは冷静に攻撃の時間を増やしていく。「割と早い時間から、攻撃の時は自分たちのボールを動かしやすい立ち位置に変化させて、そこがうまくハマって、ボールもまあまあ思い描いているように動かせるシーンもありました」とは世登泰二監督。杉本も「前半は自分たちのやりたいことができていました」と手応えを語る。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年4月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。