「宇佐美選手に感謝しています」高校選抜DF豊島、“中1以来”のCBで相手FW“怯ませて”勝利貢献

「宇佐美選手に感謝しています」高校選抜DF豊島、“中1以来”のCBで相手FW“怯ませて”勝利貢献
日本高校選抜DF豊島基矢(青森山田高→順天堂大)はCBとして勝利に貢献。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[4.18 デュッセルドルフ国際ユース大会 日本高校選抜 2-1 ボルシアMG]

 助言通りに戦い、勝った。日本高校選抜はボルシアMGとのデュッセルドルフ国際ユース大会開幕戦で本来左SBの豊島基矢(青森山田高→順天堂大)をCBとして先発起用。欧州遠征直前合宿から「中1の時に初めて1年間やって以来」となるCBでプレーする回数を増やしたDFは今回、そのポジションで勝利に大きく貢献した。

 身長は176cm。相手には10cm以上大きなCBがいたが、負けないくらいの存在感。「自分は世界からしたら全然小柄な方だけど、身長だけじゃないと見せたいと思っていました」という豊島はスピードや競り合いの強さ、ビルドアップでボールを運ぶ力という強みを発揮した。

 朝岡隆蔵監督(前市立船橋高)は「持てる。運べる。ああいう選手が(CBに)いるとリズムができる」。本人も求められている部分を表現しようと、最終ラインからドリブルで相手選手を1人、2人とかわしてボールを繋いで見せるなど、攻撃の起点としての役割を発揮していた。選手権優勝の青森山田では、主に前方にいるエースMF檀崎竜孔(現札幌)をサポートする役割だったが、突破力など攻撃性能は抜群。その特性をCBでも発揮した。

「新しいCBと見てもらえればいい。明後日、CBで出たとしても全然上がります」と笑った豊島。攻撃面ももちろんだが、この日、何より彼のプレーで光ったのはファイトする部分だ。日本高校選抜は試合前日に日本代表FW

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年4月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。