“出来過ぎ”J1デビュー! FC東京ルーキー渡辺剛「強気にいけた」後輩韋駄天のスピード消す

“出来過ぎ”J1デビュー! FC東京ルーキー渡辺剛「強気にいけた」後輩韋駄天のスピード消す
J1デビュー戦で存在感を見せた東京五輪世代DF渡辺剛

[4.28 J1第9節 FC東京2-0松本 味スタ]

 憧れだった味の素スタジアムで“満点”J1デビューを飾った。FC東京のルーキーDF渡辺剛が先発起用に応える活躍を見せた。「思いっきりいこうと思って入った。強気にいけたのが良かった」。J1初出場も堂々のプレーで見せ場をつくり、2-0完封勝利に貢献した。

 今季、中央大からFC東京に加入。プロデビュー戦となった3月6日の柏戦でいきなり初ゴールを挙げ、ルヴァン杯は4試合連続でフルタイム出場。カップ戦のパフォーマンスで長谷川健太監督の信頼をつかみ、コンディション不良のDFチャン・ヒョンスに代わってスタメンに抜擢された。

「緊張もしなかった。ルヴァン杯でできていたという自信はあった」。その言葉通り、果敢なチャレンジで先制点の起点となった。前半44分、松本のカウンターを止めようと敵陣のセンターサークル内まで飛び出し、出足鋭くインターセプト。パスを受けたMF高萩洋次郎が粘ると、ドリブルで運んだMF久保建英がスルーパス。逆カウンターからFW永井謙佑のゴールにつながった。

 前方では永井ら攻撃陣が歓喜の輪をつくり、ピッチ後方では守備陣が駆け寄って渡辺を手荒く祝福した。「得点につながってラッキーだった。あのプレーからだいぶ自分のリズムをつかめて、落ち着いてプレーできた」。新顔エアバトラーは得意の空中戦で強さを発揮。自身より6cm高い190cmのFWレアンドロ・ペレイラに勝って制空権を握れば、地上戦でも“韋駄天”のスピードを消した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年4月29日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「反町康治」のニュース

次に読みたい関連記事「反町康治」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。