FIFA19「eJ.LEAGUE」の第2回王者は名古屋グランパス代表ミノに! 優勝賞金100万円を獲得

FIFA19「eJ.LEAGUE」の第2回王者は名古屋グランパス代表ミノに! 優勝賞金100万円を獲得
名古屋グランパス代表ミノ(下段中央)が優勝した

 サッカーゲーム『FIFA19』を使用した大会『FIFA19 グローバルシリーズ eJ.LEAGUE SAMSUNG SSD CUP』の決勝ラウンドが28、29日に都内のJFAハウスで開催された。2018シーズンのJ1全18クラブを代表するプレーヤー35名が対戦。29日に準々決勝から決勝まで行われ、第2回大会の王者にミノ(名古屋)が輝いた。

 昨年の第1回は183名が出場した今大会。第2回では355名もの選手がオンライン予選を戦い、決勝ラウンドには37名(うち2名辞退)が勝ち進んだ。

 28日に行われたグループステージ、決勝ラウンド1回戦を勝ち抜いたのは、青黒豆(G大阪)、つぁくと(C大阪)、ミノ、らっきー(仙台)、しーしーぶい(FC東京)、スレッジ(湘南)、アヤックス・ボブ(鳥栖)、テラ(神戸)の8名。準々決勝はホーム&アウェー方式で2試合行われ、その合計で上回ったプレーヤーが準決勝に進出する。
FIFA19「eJ.LEAGUE」の第2回王者は名古屋グランパス代表ミノに! 優勝賞金100万円を獲得
FIFA19「eJ.LEAGUE」の第2回王者は名古屋グランパス代表ミノに! 優勝賞金100万円を獲得
eJ.LEAGUEの決勝ラウンドが開催
FIFA19「eJ.LEAGUE」の第2回王者は名古屋グランパス代表ミノに! 優勝賞金100万円を獲得
FIFA19「eJ.LEAGUE」の第2回王者は名古屋グランパス代表ミノに! 優勝賞金100万円を獲得
2018シーズンのJ1クラブを代表プレーヤーたち
 準々決勝第1試合は青黒豆とつぁくとの“関西ダービー”となったが、つぁくとが地力の差をみせて2試合合計3-1で勝利。第2試合はミノがらっきーとの接戦を制し、2試合合計4-2で4強入りを果たした。
FIFA19「eJ.LEAGUE」の第2回王者は名古屋グランパス代表ミノに! 優勝賞金100万円を獲得
FIFA19「eJ.LEAGUE」の第2回王者は名古屋グランパス代表ミノに! 優勝賞金100万円を獲得
ド派手な演出の中で試合に臨んだ
 さらに第3試合はしーしーぶいと湘南ベルマーレとプロ契約を結んでいるスレッジの対戦に。2試合ともに先制に成功したスレッジだったが、追いつかれてしまい、しーしーぶいが2試合合計4-3で準決勝進出を決めた。第4試合は前回大会準優勝のアレックス・ボブとテラの対決。ボブが実力をみせつけ、2試合合計4-2で準決勝に駒を進めた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月9日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。