平成から令和へ デフフットサル日本代表が世界一にむけて「自主合宿」を実施

平成から令和へ デフフットサル日本代表が世界一にむけて「自主合宿」を実施
金尾コーチ(左)の指示を手話を通して伝える東海林直広主将(右)

 11月にスイスで行われるワールドカップ(W杯)で世界一を目指すデフフットサル日本代表が平成最後の30日、東京都江戸川区で自主合宿を始動した。令和を迎えた後の5月2日まで3日間行われる。日本代表主将の東海林直広が選手全員の気持ちをこう代弁した。

「(合宿中に)時代は終わって新しい時代がはじまりますが、平成のうちにアジア2位にはなれました。時代が変わるので、デフフットサルの時代もこれを機に変えたい。(前回W杯を制した)『イラン1強』を変えて、日本が世界一になって新しい時代を作りたい」

 W杯本番まであと3回、日本ろう者サッカー協会主導の代表合宿は組まれている。しかし選手たちは「W杯で勝つには、それだけでは数が足りない。月に1度は集まりたい」と希望。協会の予算は限られており、これ以上回数を増やすことは簡単ではない。そこで選手たちが自ら立ち上がった。

 協会公認ではなくても、合宿を開くことはできる。自分たちで何とか実現するため、選手自ら資金集めに奔走した。2017年ごろから選手主導のプロジェクト「Our Vision」を立ち上げ、協賛企業を募り、オリジナルTシャツを販売して集めたお金を、合宿運営費に回している。Tシャツだけで100枚以上売り、それだけで30万円以上。協賛企業からも30万円以上集め、何とか赤字になることなく、運営できている。東海林が続ける。
平成から令和へ デフフットサル日本代表が世界一にむけて「自主合宿」を実施
平成から令和へ デフフットサル日本代表が世界一にむけて「自主合宿」を実施
オリジナルTシャツの背中には、支援してもらっている会社名等がズラリ

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. フットサル 日本代表
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「フットサル + 日本代表」のおすすめ記事

「フットサル + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュース

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュース

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら