【令和を迎えて】ブラインドサッカー日本代表・川村怜「けんか腰でいく」

【令和を迎えて】ブラインドサッカー日本代表・川村怜「けんか腰でいく」
【令和を迎えて】ブラインドサッカー日本代表・川村怜「けんか腰でいく」

 元号が平成から令和に変わった。記念すべき5月1日から、新時代をリードする期待の選手を7人紹介する。第1回目は、約1年4カ月後に迫った東京五輪パラリンピックでメダル獲得と得点王を期待されるブラインドサッカー日本代表主将の川村怜だ。

 新元号が発表される瞬間も、男は息を切らせて走っていた。川村怜は4月1日、練習後にジムのスタッフから新元号の名称を聞いて知った。

「スタッフの方から『決まりましたね』と声をかけられて知ったんですが、『令和だそうです』と言われ、漢字を教えてもらったとき、自分の名前の一部(怜)が入っていたので親近感がわきましたよ」

 今年で30歳になった川村は、アクサ生命広報部の社員。同じ年代の社会人の中には4月1日の昼頃、新元号の発表の瞬間を、会社のテレビやスマホをこっそり見たりしていただろう。しかし川村は、そんな「お祭りムード」の気分になれなかった。それは3月、「2020年のプレパラリンピック」と位置付けられたワールドグランプリで5試合すべてにフル出場し、日本代表があげた全3ゴールを決めたが、目標としていたメダルにはあと一歩届かず、4位に終わったからだ。あと一歩が、近いようで遠かった。

「あれが実力。現在地です。(ゴールを)決めきる力は伸ばしていきたい。僕が突破してシュートの精度をもっとあげていければ、3位決定戦も準決勝も勝てていたと思う」

 日本の絶対的エースに成長した川村がボールを持つと、相手は迷うことなく3人が群がる。それでもシュートを決めるため、今は広背筋を意識的に鍛えて、厳しいマークを受けても、シュートを打つためのスペースを確保する力をつけている。主将でもある川村は、こんなことも付け加えた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。