【令和を迎えて】ブラインドサッカー女子日本代表・菊島宙「今の自分を超える」

【令和を迎えて】ブラインドサッカー女子日本代表・菊島宙「今の自分を超える」
菊島宙(左)軽やかなドリブルで男子日本代表経験を持つ鳥居(右)をかわす

 令和時代がはじまり、新時代をリードする期待の若手選手を7人紹介する連載の第3回目は、「ブラインドサッカー界の澤穂希」と称されるスーパー女子高生、菊島宙だ。

 新元号が発表される瞬間、春休み中だった菊島は自宅にいた。TVをつけていたが、見ていたのはアニメだった。

 「へえ、変わるんだというぐらいで特別に意識はしていません。私は平成生まれですけど、古い人にみられちゃう。私からしたら、昭和生まれの人が古く見えてしまうんで……。へへへ」

 質問した記者が昭和生まれと知って、そう笑った菊島はまだ高校2年生になったばかり。それでも日本代表での実績はもう大人顔負けだ。2017年に女子日本代表が初めて結成されて以降、6試合の国際試合を戦い、試合数の3倍以上となる21得点をあげた。シュート、ドリブル、ルーズボールへ最短距離で向かう鋭い反応。まるで見えているんじゃないか、と思えるほどの動きのよさは抜きんでており、ブラサカ関係者が「視覚障がい者のレベルを超えて、『キクシマソラ』という完全に別次元のキャラが立っている」と評するほどだ。

 菊島自身も、選手としての目標は「世界一になること」。しかし、東京五輪パラリンピックは男子のみ行われ、女子の開催はない。ワールドカップも存在せず、自分の力を世界に知らしめる舞台がないジレンマと戦っている。菊島が言う。

「地域のお祭りや、スポーツフェスティバルなどで行われるブラインドサッカーの体験会に参加した時に(所属の埼玉T.Wingsで監督をする)父(充さんが)が『(将来的には)女子もあるんだよ』ということを言ってくれています。私も、人前に出るときは言うこともあるかな」

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月3日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。