【令和を迎えて】デフフットサル女子日本代表・鳥海玲奈「後ろ向きだったフットサルに目覚めた理由」

【令和を迎えて】デフフットサル女子日本代表・鳥海玲奈「後ろ向きだったフットサルに目覚めた理由」
2月のアジア予選に出場した鳥海玲奈

 令和時代がはじまり、新時代をリードする期待の若手選手を7人紹介する連載の第6回目は、11月にスイスで行われるデフフットサルワールドカップ(W杯)でチームの得点源として期待される21歳の女子日本代表・鳥海玲奈だ。

 2月にタイで行われたW杯予選で4試合すべてに先発した鳥海は、通算10ゴール。2戦目のネパール戦では一人で7得点をあげ、ゴールセンスを示した。現在、愛知県内でW杯に備えた合宿に参加している。

「(2月は)初めての国際大会に出たんですが、日本は一番になって当たり前、という感じでした。勝った、という言葉は世界一になってからですね」

 鳥海は、小学校4年生から兄と姉2人を追うようにサッカーをはじめた。1番目の姉である麻衣さんは元サッカー選手で、2番目の由佳さんも、昨年まで強豪の日テレ・ベレーザでプレーし、ユース年代で日本代表にも選ばれた。今もFC十文字VENTUSでプレーする現役選手だ。サッカー一家に生まれた玲奈の得点感覚は、現在の日本代表選手の中でもずば抜けている。2年前、そのセンスを見抜いた女子日本代表の山本典城監督が合宿に初めて招集。貴重な戦力になると踏んでいた山本監督の思いと裏腹に、鳥海の気持ちは後ろ向きだった。

「サッカーと動き方が違うので全然わからなかった。やめたくなりました。当時、監督にも『できません』とお話したと思います」

 戸惑う鳥海に手を差し伸べてくれたのは、ライバルとなるはずの他の日本代表選手たちだった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月6日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュース

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュース

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュース

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。