19位千葉が敵地で4位甲府を撃破!!船山FK弾&エベルトのボレーで逃げ切る

19位千葉が敵地で4位甲府を撃破!!船山FK弾&エベルトのボレーで逃げ切る
先制点を挙げた千葉FW船山貴之

[5.5 J2第12節 甲府1-2千葉 中銀スタ]

 J2第12節が5日に行われ、19位ジェフユナイテッド千葉は敵地で4位ヴァンフォーレ甲府を2-1で下した。後半17分にFW船山貴之、同25分にDFエベルトが得点をマーク。同45分に甲府のFW佐藤洸一にゴールを奪われたものの、1点のリードを守り抜き、5試合ぶりに勝ち点3を積み上げた。

 互いに3-4-2-1の布陣を敷いてミラーゲームとなった一戦。膠着状態から徐々に甲府がペースを握る。前半30分、左サイドのMF内田健太が外側に開いたFW曽根田穣に預けて中央へ。曽根田が右足で送ったクロスは内田に合わなかったが、跳ね上がったボールの落下地点にFW横谷繁が入り、右足でシュート。しかし、相手に当たってクロスバーを越えた。

 前半36分には千葉の左サイドのFKから船山が右足でシュート性のクロスを蹴り込むが、ゴール右隅に飛んだボールはGK河田晃兵に弾き出される。甲府も同38分、左サイドからのクロスがDFにクリアされ、セカンドボールを拾ったMF田中佑昌がシュートチャンスを迎えるも、GK佐藤優也がビッグセーブ。両守護神が試合を引き締め、前半はスコアレスで終了した。

 ハーフタイムが明けて先に決定機を創出したのは甲府。後半11分、内田からのロングパスを収めたFWピーター・ウタカがエベルトに対し、並走する曽根田と2対1の状況を作る。右に持ち出しながらPA内に進入し、フェイントでエベルトとGK佐藤のバランスを崩した上で右足のループシュートでゴールを狙うも、クロスバーの上に外れた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月5日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AC長野パルセイロ」のニュース

次に読みたい関連記事「AC長野パルセイロ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ベガルタ仙台」のニュース

次に読みたい関連記事「ベガルタ仙台」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。