田尻、小島中心に奪い返しを徹底。個々が強みも発揮した熊本ユースが神村学園を3発撃破!

田尻、小島中心に奪い返しを徹底。個々が強みも発揮した熊本ユースが神村学園を3発撃破!
後半4分、FW小野田涼(11番)のゴールを喜ぶロアッソ熊本ユースイレブン

[5.5 高円宮杯プリンスリーグ九州第6節 熊本ユース 3-1 神村学園高 嘉島町総合運動公園多目的競技場]

 個人、チームで上のステージへ――。5日、高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2019九州第6節が行われ、ロアッソ熊本ユース(熊本)が神村学園高(鹿児島)に3-1で快勝。2勝2分2敗とした熊本ユースは4位に浮上している。

 2年ぶりにプリンスリーグへ復帰した熊本U-18が、チーム力の底上げをしながら結果も出し始めている。開幕前からMF樋口叶(3年)、MF上野正騎(3年)、DF吉井凌雅(3年)と主軸候補たちの欠場が続く苦しい状況。まだまだコンスタントに力を発揮できるまでは至っていないものの、中山貴夫監督は自身の就任とともに加入してきた3年生たち中心のチームについて「底上げできている。少しずつできることが増えてきた」と成長を認めている。

 神村学園戦は個々の良さを随所に発揮して快勝した。立ち上がりは中盤中央の枚数の多い熊本ユースが、ポジショニングとパスの精度を活かしてボールを握る。そして、両翼、前線へボールを運ぶと、最前線のFW小野田涼(3年)がパワーショットやゴール前への迫力のある飛び出し。18分には高精度の左足が印象的なMF飯星明良(2年)の絶妙な展開から、10番FW廣田勇心(2年)がDFとの1対1を制してグラウンダーのクロスを入れる。これにシャドーの位置から走り込んだMF

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ロアッソ熊本 ジュニアユース
  2. ロアッソ熊本 降格
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ロアッソ熊本 + ジュニアユース」のおすすめ記事

「ロアッソ熊本 + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

「ロアッソ熊本 + 降格」のおすすめ記事

「ロアッソ熊本 + 降格」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュース

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら