[MOM2862]東海大福岡MF堤陽輝(1年)_攻守で勝利に貢献。上手くて、強い選手へ

[MOM2862]東海大福岡MF堤陽輝(1年)_攻守で勝利に貢献。上手くて、強い選手へ
後半43分、東海大福岡高MF堤陽輝がPKを決める

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[5.4 球蹴男児U-16第2節 東海大福岡高 4-1 日章学園高 大津町運動公園多目的広場]

 東海大福岡高の10番を背負うMF堤陽輝が攻守に渡って活躍。逆転勝利の立て役者となった。

 0-1の前半24分、堤の「トップが見えていたので1タッチで縦パスを入れて、そのまま自分で入っていって打った」という右足シュートが同点ゴールをもたらす。チームは直後に逆転。「競り合いや1対1の粘り強い守備が強み」という堤は中盤中央で競り合いの強さを見せ、セカンドボールを味方に傾けていた。

 そして、3-1で迎えた試合終了間際には、MF村上愛和が獲得したPKを右足でゴール。キッカーに名乗りを挙げた3人のじゃんけんを制して得たキッカーの役割をしっかりと果たして勝利に貢献した。

 ただし、本人は反省の弁。「まだ視野が狭かったり、ロングボールの質が低かったりして、あと球離れとかも遅かったりしたので、次の試合はもっとそこを意識して良いボールを配球していきたいです」。そして、「競り合いで負けなくて、個で圧倒できるような、上手い選手だけでなく、強い選手になりたいです。(フランス代表MF)ポグバみたいにもっとゴツくなって、足下も上手くなって、攻撃にも守備にも参加できるような選手になりたいです」と意気込んだ。
 
 昨年、東海大福岡の主軸を担ったMF堤太陽(現東海大)は兄。「お兄ちゃんみたいな身体を目指して、ちゃんと見習って努力していきたいです」。東海大福岡で成長し、兄が届かなかった全国に必ず出場する。

(取材・文 吉田太郎)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。