U-20韓国代表は“久保級”も招集…イ・ガンインら海外組もU-20W杯メンバー入り

U-20韓国代表は“久保級”も招集…イ・ガンインら海外組もU-20W杯メンバー入り
韓国はすでにU-20W杯メンバーを発表している

 韓国サッカー協会(KFA)はポーランドで開催されるU-20ワールドカップに向けたU-20韓国代表メンバー21名を発表している。すでにトレーニングキャンプに入っているが、海外リーグで活躍中の5人は現地ポーランドで合流予定で、クラブと調整中だという。

 メンバーには“神童”と評されるイ・ガンイン(バレンシア)、チョン・ウヨン(バイエルン)ら海外で活躍する5選手もしっかりと名を連ねた。『スポールソウル』によると、U-20韓国代表のチョン・ヨンファ監督は、準決勝まで勝ち進んだ1983年大会を目標に掲げ、「1983年大会の再現」を宣言した。

 イ・カンインは同じく01年に生まれ、若くしてスペインに渡った俊英という共通項があり、海外メディアがMF久保建英(FC東京)と比較し、アジア注目の若手として取り上げてきた東京五輪世代の逸材。3月に18歳20日という若さで韓国のA代表に初招集された。

 日本サッカー協会(JFA)はあす7日、U-20W杯を戦う日本代表メンバーを発表する。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月6日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。