[関東2部]国士舘大FW高橋利樹、早くも“昨年越え”で2部得点ランクトップに

[関東2部]国士舘大FW高橋利樹、早くも“昨年越え”で2部得点ランクトップに
[関東2部]国士舘大FW高橋利樹、早くも“昨年越え”で2部得点ランクトップに

 国士舘大が苦しんでいる。1年での1部復帰を誓った今季、しかし現状は5位と厳しい状況。ゴールデンウィーク3連戦の最後となる日本大戦ではボールを保持しながらも決めきれず、「分かっていても走られてしまった」(国士大・細田三二監督代行)というカウンターから、日大に先制点を許してしまった。

 後半も状況は好転せず、このまま終了かと思われた86分、国士大を敗戦の憂き目から救ったのが、FW高橋利樹(4年=埼玉栄高)の一撃だった。試合はそのままタイムアップ。国士大は辛うじて勝ち点1を獲得した。

「(西本)卓申(3年=鹿島ユース)には、あのタイミングでボールをくれと前から言っていた」という、左からのクロスに頭で合わせた狙いどおりのゴール。 ポジショニング、タイミング、すべてがドンピシャだった。

 細田監督代行は「決してテクニックのあるほうではないからミスもある」と前置きしながらも、「1試合のうち、必ずどこかで仕事をしてくれる。だから多少のミスは目をつぶっている」と”課題込み”での信頼を寄せる。「高橋はゼンマイ仕掛けのようなFW。サボることのない選手で、最初から最後まで走り続ける」と冗談めかしながら、「相手も、まさかあのタイミングでとりにくるとは思っていなかったでしょう」と笑った。

 これで3試合連続ゴールとなり、4得点で得点ランキングトップに躍り出た。高橋は「これで去年のゴール数を越えられました」と笑う。スランプに陥った昨年、高橋のゴール数はわずかに3。チームの不振とも相まって「責任を感じたし、とにかくミスをしないように、とプレーをしていたような気がする」と振り返る。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。