“強い明治”がJクラブに挑戦!明早戦制して5年ぶり天皇杯へ!!初戦J3秋田、勝てば川崎Fと対戦

“強い明治”がJクラブに挑戦!明早戦制して5年ぶり天皇杯へ!!初戦J3秋田、勝てば川崎Fと対戦
明治大が5年ぶりに東京都を制した

[5.11 東京都サッカートーナメント決勝 早稲田大0-2明治大]

 天皇杯予選を兼ねた東京都サッカートーナメントの決勝が11日に味の素フィールド西が丘で行われ、明治大早稲田大を2-0で下し、5年ぶり14回目となる本戦出場を決めた。5月26日にソユースタジアム(秋田市)で行われる1回戦では、J3のブラウブリッツ秋田に挑戦する。

 対戦相手を取材すると、必ずといっていいほど同じ言葉が返ってくる。「今年の明治は強い」。東京都サッカートーナメント学生系の部準決勝で敗れた中央大は、0-1というスコア以上の力の差を感じたという。先日、関東大学リーグで今季唯一明治大に黒星をつけた筑波大の選手たちでさえも、内容では上回られていたことを素直に認めていた。

 迎えた天皇杯本戦出場をかけた東京都予選決勝。スローガンの一つに「J1チームを破ること」を掲げる明治大としては、通過点にしなければいけない試合だった。気温28.6度、さらに強い日差しが差し込む中で行われた一戦ということもあり、前半は互いにスローなテンポを刻む。

 だが後半10分にスコアが動く。明治大はMF安部柊斗(4年=FC東京U-18)がドリブルから前線にパスを出すと、MF持井響太(3年=滝川二高)を経由したボールが左サイドからエリア内に入ったFW佐藤亮(4年=FC東京U-18)に渡る。そして佐藤亮が左足で均衡を破るゴールを豪快に突き刺す。

 主導権を握った明治大はパワープレーに出る早稲田大の攻撃をかわしていくと、後半アディショナルタイム4分、DF

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  2. 川崎フロンターレ 大島僚太
  3. 川崎フロンターレ 小林悠
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。