[プレミアリーグWEST]G大阪ユースが5連勝!2試合は後半ATにドラマ:第6節2日目

 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019WESTは12日、第6節2日目を行った。

 首位に立つガンバ大阪ユース(大阪)は昨季王者のサンフレッチェ広島ユース(広島)と対戦。後半に1点を返されたが、FW唐山翔自(2年)のゴールが決勝点となり、2-1で5連勝を飾った。

 ここまで1勝にとどまっているアビスパ福岡U-18(福岡)は後半39分に失点して1-3と厳しい状況だったが、44分にDF鷹巣直希(3年)が1点を返すと、アディショナルタイム4分にMF寺田太陽(2年)がゴールネットを揺らし、名古屋グランパスU-18(愛知)と3-3で引き分けた。

 京都サンガF.C.U-18(京都)と対戦した東福岡高(福岡)は、2-2で迎えた後半アディショナルタイム3分にMF荒木遼太郎(3年)が決勝点を挙げ、3-2で逆転勝利をおさめた。

 なお、第7節は6月22、23日に行われる。

【第6節】
(5月11日)
[愛フィールド梅津寺人工芝グラウンド]
愛媛U-18 0-1 大津
[大]濃野公人(52分)

[セレッソ大阪舞洲グラウンド]
C大阪U-18 0-1 神戸U-18
[神]山内翔(45分+1)

(5月12日)
[吉田サッカー公園人工芝グラウンド]
広島ユース 1-2 G大阪ユース
[広]棚田颯(50分)
[G]大谷優斗(23分)、唐山翔自(29分)

[トヨタスポーツセンター(天然芝)]
名古屋U-18 3-3 福岡U-18
[名]

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。