U-20代表GK茂木秀という“桜の大器”。195cmの大型、カレーライス1.4kg完食の大食漢

U-20代表GK茂木秀という“桜の大器”。195cmの大型、カレーライス1.4kg完食の大食漢
練習試合の2本目を無失点に抑えたGK茂木秀(C大阪)

[5.13 練習試合 U-20日本代表 5-0 全日本大学選抜]

 若き桜の守護神がU-20ワールドカップに挑む。茂木秀(もぎ・しゅう)はU-20日本代表チーム最長195cmの高さを誇る左利きの大型GK。「ハイボール処理、シュートストップを見てほしい」。規格外のサイズと明るい性格を持ち、特大のポテンシャルを秘めた大器だ。

 桐光学園高で選手権を経験し、2017年にセレッソ大阪に入団。プロ3年目の今季までトップチームの出場はないが、C大阪U-23で計3214分間、J3リーグで試合経験を積んできた。代表候補として招集されるようになったのは昨年から。ひたむきな居残り練習が実を結び、同世代のライバルたちを追い越す進化を遂げた。

 そんな努力家の素顔は「うるさい」「イジられキャラ」という声も選手から聞こえる、明るいキャラクター。一部では大食漢としても知られ、C大阪選手行きつけのパスタ屋では普段、大盛り2杯を平らげるという。また、先日はカレーライス大盛り「1.4kg」を完食。食欲旺盛、ハングリー精神も旺盛な日本の元気印が、世界の難敵に食い下がる。

 昨年のU-19アジア選手権はメンバー外だったが、A代表初招集が見込まれる大迫敬介(広島)に代わるGKとして白羽の矢が立った。今年は継続して代表合宿に招集され、順当にメンバー入り。GK谷晃生(G大阪)も負傷で欠く今、その存在はより大きくなった。

「僕にとっては初めての世界大会。予選から一つひとつ勝って、結果を残したい。国を背負う重圧はありますが、いつも通りプレーしたい」。世界基準のサイズを誇る大型GKは覚悟を決め、決戦の地ポーランドに乗り込む。

(取材・文 佐藤亜希子)
●U-20ワールドカップ2019特集ページ

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. セレッソ大阪 山口蛍
  2. セレッソ大阪 杉本健勇
  3. セレッソ大阪 清武弘嗣
ゲキサカの記事をもっと見る 2019年5月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「セレッソ大阪 + 清武弘嗣」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + 清武弘嗣」のおすすめ記事をもっと見る

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事

「セレッソ大阪 + 山口蛍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ジュビロ磐田」のニュース

次に読みたい関連記事「ジュビロ磐田」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。